子供の頃の私は、多くの悩みを持っていました。

悩みの克服のために、心理学に答えがあるのではないか?と思い、勉強したいと思ってもいましたが、心の仕組みをどのように人生に活かすか、どのように現実の苦しみを克服するか、という実践法は学校では教えていないという、悲しみのような気持ちを持ちながら生きていました。

答えを知るために、自分を知りたいと思うようになりました。

しかし自分の本心を知ったとしても、本心のまま、今のこの世界で自分らしく生きていくことは不可能だと思っていました。

だから、なおさら自分の本心を知ることが怖かったのです。

きっと誰にも分かってもらえないと思っていました。

しかし、自分の本質を知った時、たった一人の自分が世界の中で、かけがえのない部分となっている、という深い認識が得られました。

自分を知ることが、自分を活かすことに繋がっていきました。

ジグソーパズルのワンピースのように自分が自然体でいられる世界があると実感することが出来たからです。

自分を知ることは、自分と人生を深く結びつけることだと思います。

本当にやりたいことってなんだろう。

それに自分で気づいた時、自信を持って人生に向き合うことも出来ました。

人生が輝く瞬間です。

この内なる輝きを誰もが発見できること、これが私の願いです。

リンク

HumanDesignJapan